『サンドイッチ サンドイッチ』

f:id:ehontabi_mei:20220123074339j:plain

〈目次〉

内容

”サンドイッチ サンドイッチ さあ つくろう”

”サンドイッチ” サンドイッチ ふわふわパンに なに のせる”

バターにレタス、トマト…次々に材料乗せて、サンドイッチの出来上がり。

いただきまーす!!

感想

本物のようにおいしそうな食材が紙いっぱいに描かれていて、とてもお腹が空いてくる絵本です。

保育園でもよく読まれていた絵本で、読んでいる途中で味見をする子や作っているところをイメージして手を動かしてる子など…色んな姿を見てきました。

0歳児から5歳児クラスまで幅広い年齢で楽しめるシンプルな内容になっています!

一緒に料理して野菜克服!?

この絵本をとても気に入っていた2歳児クラスの男の子は大の野菜嫌いでした。

お母さんもとても困っていたのですが、あるお休みの日、お母さんがこの絵本をレシピ本のように開き、サンドイッチを作っているところを見た男の子は…

「ぼくも作る!!!」と張り切って作りました。

いつもは食べたがらない野菜をトマト以外食べられたそうです!

その後も休みの度に絵本を見ながらサンドイッチを作っては食べていたと聞いた時に、自分で作って食べることは子どもにとって遊びでもあり、学びでもある素敵な経験だと感じました。

当時、そのサンドイッチ以外では野菜をなかなか食べられませんでしたが、今では「野菜食べられるよ!」と笑って話す姿を見て成長を感じると共に、経験があったからこそ美味しく食べられていると思うと経験をすることの大切さを改めて感じさせられました。

経験した時は苦手に感じていても、時間とともに好きになることもあると思うと、どんなことでも経験しておくべきですね。

 

 

今回ご紹介した絵本は、

『サンドイッチ サンドイッチ』

小西英子(作) 

出版社 福音館書店 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:24ページ、読み聞かせ時間:約1分

『かみなりどんがやってきた』

f:id:ehontabi_mei:20220115180422p:plain

〈目次〉

あらすじ

かみなりくんは家族と雲の上に住んでいます。

おとうさんのかみなりどんはおへそを取るのが仕事です。

”どんどこどん”と太鼓を鳴らしながら子どもたちのおへそを取るのです。

♪かみなりどんが やってきた

 どんどこどん どんどこどん

 かくさないと とられるぞ

 どんどこどんどんどん

「ほら、とった。ぜんぜんきづかれてない」

セーフ! イエス

ある日、かみなりくんは初めておへそを取りに行くことに…上手に取れるかな?

感想

楽し気な歌が本当に聞こえてくるような、可愛らしい絵本です!

保育士1年目の時に何度も子どもたちとやった、思い出いっぱいの手遊びの絵本なので見つけた時にすぐ購入を決めました。

初めておへそを取りに行った時に間違えておしゃぶりを取ってしまうなどおっちょこちょいな所がある、かみなりくんが見ていてほっこりします。

手遊びだけの絵ではなく、物語になっているので手遊びを知らない人も楽しめると思います。

最後には楽譜と手遊びがついているのでおススメです!

手遊びの正解って…?

この本での『かみなりどんがやってきた』手遊びの歌詞は…

♪かみなりどんが やってきた

 どんどこどん どんどこどん

 かくさないと とられるぞ

 どんどこどんどんどん

かくすのは 「あたま(隠す場所)」

「セーフ!」「イエス!」  なのですが、

私は”かくさないと とられるぞ”の前にも”どんどこどんどんどん”と歌っていました。

手遊びは人によって音や歌詞が違うことがあるので、どれを覚えるべきか今でもよく迷います(笑)

また、先輩が歌っている所を聞き、覚えたいと思って検索しても出てこなかったりすることも多々あります。

そういう時は、よく聞いて覚えるようにしているのですが、初めのうちは覚えても忘れてしまったり苦戦しました。

今は覚えたその日に録画し、見なくてもできるまで練習しています!

どの音が正解か分からず、声が小さくなってしまう人もいますが…同じ手遊びでも間やテンションの差などで、どれだけ子どもたちと楽しめるかが変わってくると思います。手遊びをする機会がある方は、自信を持って楽しむことを考えてやってみてください!!

 

 

 

今回ご紹介した絵本は、

『かみなりどんがやってきた』

中川ひろたか(文)、鈴木翼、熊木たかひと(原案)、あおきひろえ(絵) 

出版社 株式会社世界文化社 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:32ページ、読み聞かせ時間:           分

『しろくまちゃんのほっとけーき』

f:id:ehontabi_mei:20220104205838j:plain

〈目次〉

あらすじ

「わたし ほっとけーき つくるのよ」

しろくまちゃんが、ほっとけーきを作ります!

フライパンとボール、大きなお皿を揃えました。

たまごを落としてしまったり、生地がボールからこぼれてしまったり…

「だれか ぼーるを おさえてて」

”ぽたあん どろどろ ぴちぴち…”

「できた できた ほかほかの ほっとけーき」

こぐまちゃんと食べるほっとけーき美味しそう!

感想

こぐまちゃんの絵本は沢山の種類があるので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

この『しろくまちゃんのほっとけーき』では、見開きいっっぱいに描かれたホットケーキの焼ける場面がとてもワクワクする絵本です。

子どもの頃に父とホットケーキを作った時、表面が少しづつ変わっていくところを間近に見て、”そろそろ完成!”と嬉しかったことを今でも覚えています。

そうして出来上がったホットケーキを家族全員で分け合って食べると、みんなが「おいしい」や「きれいに焼けたね」と言ってくれたことが嬉しい…そんなことを一人暮らしとなった今もホットケーキを作ると思い出して温かい気持ちになります。

ここが好きポイント

卵を落としてしまったり、生地をこぼしてしまったりした失敗も、最後まで挑戦するしろくまちゃん。きっとお母さんが温かく見守ってくれていたから頑張れたのだと考えると、そういった環境はとても大切だなと感じます。

保育園でも、子どもたちが日々様々なことに挑戦する場面を見るのですが、私は成功することが全てではないと考えているので安全を考えながら見守るようにしています。例えば高い巧技台から降りれず困っている子には、横で降り方を見せたり「頑張れ!」と応援します。下手に手を貸してしまうと”自分でできた”と自信がついて、次に降りるときに無理な方法で降りようとして怪我に繋がってしまいます。

見守るって難しいけれど大切なことですよね!

絵本の奥付に…

この絵本にはねらいが書かれていて、

①大きなホットケーキを食べるうれしさ

②ホットケーキができる過程への興味

③自分で作るということの魅力  などで、

そのねらいを感じられる仕掛けがたくさんあります!

絵本の奥付に詳しく書かれているので、ぜひそちらもご覧ください!!

 

 

 

今回ご紹介した絵本は、

しろくまちゃんのほっとけーき』

森比佐志・わだよしおみ・若山憲(著)

佐藤英和(編)

出版社 株式会社こぐま社 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:22ページ、読み聞かせ時間:約1分半

2021年ありがとうございました!

今年も、もう終わりますね~
10月から始めたこのブログも早いことに4か月目を迎えようとしています。
たくさんの読者様に登録して頂けて、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は今年読者となってくださった方に感謝を込めて、一人ずつお名前を書かせて頂きます!!

2021年読者になってくださった方々↓
masapnさん、K-2021-10-22さん、
maroo4さん、aka12aya70yさん
horizonnhkさん、auop1972さん
yoshink4さん、salondealfurdさん
H-yuuki0929さん、yuko1014さん
ashidashinsakuさん、chimions_taxさん
senwaryouさん、panage-midさん
innocentflowerさん、c6amndbgr3さん
jukennさん、torajiro3さん、az0zaさん
kazukichi_0914さん、cnbatsuさん
nyoraikunさん、koharuwestさん
mikine1228さん、newsuccessさん
black-cherry-0127さん、kirimuraさん
yaoya2020さん、akira2013webさん
shunminminさん、ek0901さん
kanehiro-sakaeさん、appameuiさん
minimamporeporeさん、sokunpajamaさん
jokerlikeさん、myroomofgrowthさん
elonmaskcharacterさん、kaikaiknさん
iimonojapanさん、ikutanpapaさん
yuki346905j1155さん、umihiroyaさん
escape2bangkokさん、hazakura60さん
naruzawanさん、bg8qpさん
rokukajoさん、ayaatenafuuaさん
nainaiteiyanさん、tamagoziraさん
bloger-lenoさん、gene_design_worksさん
ko-chanblog95さん、tobitatouさん
katsuodesukedoさん、miida599さん
kabuhondaさん、Kaiware05さん
pto6さん、je_onlineさん
it_sports_bizさん、Naoking0321さん
fujimonkさん、yanashin55さん
mac_diaryさん、nonbirikuraashiさん
NIGAさん、Tommyj1105さん
t0zawaさん、KANEDA35さん
chouchoutripさん、kinokinosanさん
kosodateandさん、dantandhoさん
Matirudaさん、inumonekomosukiさん
a-niikさん、tarotaro1995さん
harunorimodelさん、no-sundaさん
sizyuukara-1979さん、Hitonoyomeさん
izumihudousan2007さん
otoufumentaltanさん、keykuuunさん
yk1974さん、mii-kenさん
popokichanさん、mikotomikakaさん
manomankoさん、naomi1010さん

 

来年は今年よりもたくさんの素敵な絵本に巡り合えることを楽しみに頑張っていこうと思いますので、93名の読者の皆様も、初めましての皆様もブログ”えほんたび”をどうぞよろしくお願いします!

 

Instagramでも感謝の気持ちを込めて投稿させて頂いています。
合わせてご覧ください!
Instagramhttps://www.instagram.com/ehontabi_mei

 

来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください^^

『うさぎマンション』②

   f:id:ehontabi_mei:20211229163655j:plain

『うさぎマンション』①がまだの方は下のリンクからどうぞ!

〈目次〉

読むときに…

この絵本は、読み聞かせをするというよりも、一人でじっくり読んだり、対一で「ここが可愛いね」「このうさぎさん優しいね」など話をしながら読むのをおすすめしたいです!

特にシルバニアファミリーなどの小さなものや、可愛いものが好きな方には、好きな絵本の一冊になると思います!!

物語とは別に、一部屋づつに目を向けてページをめくってみるのも楽しいと思います。

この絵本の最後には、ソファーや船などのイラストを探す問題も書かれているので、ぜひそちらも楽しみながら読んでみてください。

 

塗り絵をやってみた

くもん出版様のサイトで、塗り絵がダウンロード出来たので色鉛筆でぬってみました!

f:id:ehontabi_mei:20211229172646p:plain

以下のURLからサイトに行けます!

うさぎマンション | くもん出版 (kumonshuppan.com)

私は絵本に出てきた魔法使いうさぎさんと似た雰囲気で塗りましたが、好きな色で塗っても楽しそうですね!

久しぶりの塗り絵に時間を忘れ夢中になっていました(笑)

 

読むたびに好きになっていく『うさぎマンション』

個性豊かなうさぎさんたちの暮らしをぜひ覗いてみてください!

 

 

 

今回ご紹介した絵本は、

『うさぎマンション』

のはな はるか(作) 

出版社 くもん出版 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:36ページ、読み聞かせ時間:約5分

『うさぎマンション』①

   f:id:ehontabi_mei:20211229163655j:plain

〈目次〉

あらすじ

うさぎマンションは、屋上付きの5階建て。

24の部屋に科学者、手品師、画家、探偵…色んなうさぎが暮らしています。

噂によると魔法使いもいるらしい。

今日は新しい家族が引っ越してくる日。

ちょっと覗いてみましょう…

感想

1ページ目を開くと、豪華な観音開き(※)から始まるわくわくする絵本です。

24部屋それぞれに住むうさぎたちの暮らしが全面に広がっていて、子どもの頃によくあそんだシルバニアファミリーを思い出すような可愛らしいイラストで、次のページへなかなか進めなくなってしまうほど、1ページづつとても見ごたえがあります。

色んな職種のうさぎさんたちの暮らしを見ることができ、時計屋さんはこんな風に過ごしているのかな?手品師さんはこうやって練習しているのかな?と考えるとイメージが広がって楽しいです。

※観音開き:紙の両端を中側に折ったものを二つ折りにして観音扉のようにする折り方。

この部屋が好き

どの部屋のうさぎさんも好きなのですが…特に好きな部屋は、鳥飼の茶うさぎさん。

二つ下に住む白うさぎさんに恋をしている茶うさぎさんは、白うさぎさんに向けて手紙を書いた後、寝ている間に小鳥さんたちが白うさぎさんに届け二人が顔を赤らめる…素敵なストーリーに心が温かくなりました♡

部屋ごとにストーリーがあり、読み返すたびに色んなストーリーに気付くことができるので、ぜに何度も読み返してほしい絵本です。

このマンションに住んでみたい‼

自分の好きなことをじっくり追求したり、楽しんだあと、みんなで集まってそれぞれの”好き”を屋上で発揮するうさぎさんたち。

きっとこのマンションに住むうさぎさんたちは、みんなの個性・違いも当たり前で、それぞれ良いものと感じているから…好きをもっと追い求めることができ、絵や手品が上手くなったり、家族とゆったり暮らしたりできるのだとおもいます。

私もこのマンションに住んで、みんなの”好き”を聞いたり一緒に楽しんだりしてみたくなりました!

 

 

次回は、読む時のポイントや塗り絵についてお話します!

 

 

 

今回ご紹介した絵本は、

『うさぎマンション』

のはな はるか(作) 

出版社 くもん出版 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:36ページ、読み聞かせ時間:約5分

『サンタさんからきたてがみ』

f:id:ehontabi_mei:20211218223224j:plain

〈目次〉

あらすじ

今日はクリスマスの前の日、

ねずみの郵便屋さんはカバンに手紙を詰め込むと、

張り切って外に飛び出しました。

「うわあ」

あんまり急いだので、ねずみは滑って転んでしまいました。

急いで拾い集めましたが、最後に拾った手紙のあて名が濡れて所々消えてしまいました。

「どうしよう。これじゃあ、だれに きた てがみか わかりゃあしないよ。」

いつも元気に配達している、ねずみがしょんぼりしているのを見て、からすさんやうさぎさんが心配そうに見ています。

あて名の分からない手紙を無事届けることができるのでしょうか?

感想

最初のページで、タイトルとねずみさんの部屋が描かれているのですが、部屋の壁に”はいたつはせいかくに”、”いつもえがおで”と書かれた紙が貼ってあります。とても真面目な子で、笑顔で配達をしていることが伝わってきます。そんなねずみさんだったからこそ、みんなは心配になり駆けつけてくれたのだと思うと心が温かくなりました。

色んな種族の動物たちが住むこの森で、このような温かい雰囲気があるのは、普段からあそんだり話したりしているのかな?と想像したら、その様子も見たくなりました!

手紙がサンタさんからだと分かった時、誰もが自分かもしれない!と心躍らせたと思います。ねずみさんと分かると、羨ましい気持ちはあるものの、約束の時間に間に合うように一緒に走ったり、ポケットに入れてあげたりと優しさを感じます。

裏表紙には”らいねんもおねがいします”の手紙とサンタ帽が置かれており、来年のことも気になるお話です。

ここが好きポイント

サンタさんからの手紙の所々がイラストになっていて、文字が読めない子どもでも、手紙に何と書いてあるのかイメージできるところが気に入っていています。

絵本の中に手紙が出てくるものは多くあるのですが、このような工夫がされているのも色んな人が絵本を楽しめるので、いいですよね!

 

 

皆さんのクリスマスが素敵な思い出になりますように☆ミ

 

 

 

 

今回ご紹介した絵本は、

『サンタさんからきたてがみ』

たんのゆきこ(作)、垂井眞子(絵) 

出版社 福音館書店 でした。

本の種類:ハードカバーの絵本、

ページ数:28ページ、読み聞かせ時間:約8分